時の過ぎ行くままに

あの世とこの世の狭間でこれから真実の扉が開かれる