時の過ぎ行くままに

あの世とこの世の狭間でこれから真実の扉が開かれる

クズアベ総理の為に仕組んだ官僚たちの完全犯罪

 カジノ依存性に保険適用して、依存性が出て人が不幸になるのを認めても推進する安倍政権は人間のクズだ

 

                                                                              伊達直人-4THブログより転載

 カジノ依存性に保険適用して、依存性が出て人が不幸になるのを認めても推進する安倍政権は人間のクズだ ! 疑惑まみれだ !

 自民党国会議員現金授受 疑惑まみれのIRカジノ 
藤木会長ダメなものはダメなんだよ。人間としてダメなもんなんだ。決まってんだ。
浜田敬子氏「元々カジノを含むIR法って、こうなんていうか、確かアッという間に審議が通ってしまった印象がある。国会の審議も短くて非常に拙速な議論だった印象がある。それにきてここきて疑惑がこれだけ出て、しかも横浜などでは大変多くの住民の方が反対しているという事実があるにも関わらず、もう決まったことだからと言ってどんどん管理委員会を開いたり物事を進めようとする。非常になんか今の安倍政権の物の進め方を象徴しているなということを感じます。経済成長という大義を振りかざして、なんでこんなにカジノにしがみつかなきゃいけないのかなという非常にそういうことを疑問に感じます。一方で今週、厚労相カジノ依存症にも保険適用することを発表しているんです。これって元々依存性が増えるのではないかという疑念があったわけですよね。認めている訳ですよ。『依存性が増えるからじゃ保険を適用しましょう』やっぱりね、という感想を抱きましたし、限られた医療費をここに使うのか  ! という印象を持ちました。
サンモニ

f:id:pinoko2522:20200115141839p:plain

f:id:pinoko2522:20200115141906j:plain



 

f:id:pinoko2522:20200115142551j:plain

安倍政権退陣 今年こそ 全国で行動
東京・新宿3000人
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
(写真)安倍首相はやめろ、憲法守れとデモ行進する人たち=12日、東京都新宿区

 今年こそ安倍政権を退陣に追い込もうと12日、全国各地でデモやスタンディングなどの抗議が行われました。東京・新宿では今年最初となる大規模デモが行われ3000人(主催者発表)が参加。サウンドカーやドラム隊を先頭に、「嘘(うそ)つき政権もう嫌だ」などが書かれたプラカードを持ちながら、「安倍はやめろ」と声をあげました
 東京のデモは、市民有志でつくる「Occupy Shinjuku 0112」が主催しました。主催に参加している「渋谷プロテストレイヴ」「肉球新党」「怒りの可視化」の3グループがデモの隊列をつくり行進。デモの様子がツイッターのトレンド上位になるなど、話題になりました。
 続き==>> https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2020-01-13/2020011301_02_1.html

☆--------------☆
しんぶん赤旗電子版
https://www.akahata-digital.press/
日曜版と紙の日刊紙申し込み
https://ssl.akahata.jp/akahata_form.html
もっと見る
 
 
 

「名簿はなかったことに…」官僚たちが目論んだ完全犯罪 すべてはアベのために

                          BLOGOSより転載

f:id:pinoko2522:20200115143341j:plain

官僚たちは安倍首相のウソを繕うために完全犯罪を目論んだ。

 黒塗りであれば隠したことが明らかになる。だが、白塗りにしてコピーをかければ、問題の箇所は最初からなかったことになる・・・

 “事件”のいきさつはこうだ―

 昨年11月22日、参院予算委員会の理事懇談会に、政府が桜を見る会の推薦者名簿を提出した。各省庁が保管していた4千人分だ。

 この名簿の一部に巧妙な文書改ざんがあった。部局名を修正テープで白塗りにしたうえでコピーをかけていたのだ。それが理事懇に提出された。

 白塗りにしたのは「内閣官房内閣総務官室総理大臣官邸事務所」とその略称である「閣総」。閣総は安倍首相からの推薦を取りまとめる。疑惑の核心を握る組織だ。

 理事懇に名簿を提出する2日前(11月20日)に、衆院内閣委員会で内閣官房の審議官が「内閣総務官室(閣総)の推薦者名簿は廃棄済み」と答弁していた。

 もし「内閣官房内閣総務官室総理大臣官邸事務所」と「閣総」を消さずに出したら、廃棄していないことがモロバレとなる。

 このため内閣府は白塗りの細工を施したのである。ウソにウソを重ねるというやつだ。

政府が参院予算委員会の理事懇に提出していた改竄文書。左はしの空白には「閣総」と書かれていた。

 理事懇への書類は与野党が合意したうえで提出される。改竄した書類を出すのは、公文書偽造の罪にあたるばかりではない。国会に対する冒涜なのである。

 役人の一存でこんな大それた犯罪ができるわけがない。

 きょう14日にあった野党ヒアリングで、山井和則議員(立憲)が「決裁したのは(内閣官房)人事課長か、官房長か、菅官房長官か?」と政府側を質した。

 内閣府大臣官房の酒田元洋・総務課長は「最終的には人事課長です」と答えた。

 政治家を守るために、官僚は泥をかぶる決心を固めているようだ。

 東京新聞の追及がなければ、与野党の国会議員はガセをつかまされたままだった。

 公文書改竄すなわち歴史を改竄するという犯罪は闇に埋もれたまま。完全犯罪が成立していたのである。

  ~終わり~

  

 

 

やはり、いつかウソはバレるものであり安倍クズ総理の為に仕組まれた完全犯罪はバラされてしまったようだ。腐った官僚たちが行った完全犯罪は国民への冒涜であり犯罪である。こんな官僚たちは即刻クビにしなくてはいけない。その前にアベを引きずり下ろす必要がある。東京都民も新宿で「反安倍デモ」を繰り広げた。この運動は全国へ広げる必要がある。安倍がまき散らす毒薬で完全に日本国民の半分以上が汚染されている。今こそ反旗を翻す時だ!