時の過ぎ行くままに

あの世とこの世の狭間でこれから真実の扉が開かれる

拉致被害者集会では安倍首相は総スカン!


イメージ 1
拉致被害者集会で異変 安倍首相に「もう帰るのか」とヤジ


                                                                                       日刊ゲンダイDISITALより転載
 安倍首相は22日、都内で開かれた北朝鮮による拉致被害者の救出を求める「国民大集会」に出席。「即時帰国に向け北朝鮮への働き掛けを一層強化する」と意気込んだ。

 今月27日に予定される韓国と北朝鮮の南北首脳会談、その後の米朝首脳会談北朝鮮情勢は激動の渦にある。ただ、メインテーマは「非核化」で、安倍首相が拉致被害者帰国へ「働き掛けを強化」と言っても、すべてトランプ大統領頼み体たらくだ。集会出席者にも苛立ちがあるのだろう。安倍首相が挨拶を終え、退席しようとすると、会場からヤジが飛んだという。

「司会が『安倍首相は政務のためお帰りになります』と告げ、安倍首相は壇上に座る家族会代表の飯塚繁雄さんや横田めぐみさんの母親の早紀江さんなどと握手をして立ち去ろうとした時でした。1000人弱が座る会場から、男性の声で『なんだ、もう帰るのか』『最後まで席にいろよ』とヤジが飛んだのです。安倍首相は苦々しい顔をして帰っていきました」(現場にいたメディア関係者)

集会出席者はほとんどが安倍シンパだ。トランプが米朝会談で拉致問題を議題にすると約束し、本来なら解決への期待感が高まっているはずだが、冷ややかな空気も少なからずあるようだ。

 元家族会事務局長の蓮池透氏がこう言う。

拉致問題米朝首脳会談で扱って欲しいとトランプ大統領に頼みにいくということは、日本政府としては“お手上げ”ということです。それはさすがに安倍首相のシンパにも分かる。嫌気が差している人も少なくないと思います。被害者家族にいつまでも“幻想”を与え続ける安倍首相は罪つくりです。もし、トランプ大統領金正恩委員長から『拉致問題は解決済みだ。戦後賠償を要求する』と言われたと伝えてきたら、安倍首相はどうするつもりでしょう」

 安倍首相は訪米直前の今月15日に、入院中の横田滋氏を見舞ったが、実は横田家サイドが「体調がすぐれないので、遠慮して下さい」と伝えていたのに強行したらしい。安倍首相はどこまでも拉致を“利用”する。

「政務」のため先に退席したはずの安倍首相は、私邸に直行。訪問客もなかった。


 安倍首相は内閣支持率低下を少しでも上げようとして、拉致被害者集会に出席して、心にもないことをペラペラ言ってすぐに帰ろうとした。
 これに怒った人が「なんだ、もう帰るのか、最後まで席にいろよ!」と、ヤジを飛ばした。
 首相は苦々しい顔して帰って行ったという…。5年の間に何一つ進展させず、拉致被害者の家族を落胆させてきた責任はどうするのか?そんなことは知らねェとばかりに口ではたいそうなことを言っていたが、今まで無視してきた冷酷体質を見抜かれてしまった。蓮池氏らが怒るのは当然である。自分では何もできないお手上げ状態で米国のトランプ氏に泣きつく有様ではこれ以上何も期待できないのが実際のところだろう・・・安倍首相が総理の座に居座っている限り何一つ解決できない。情愛のひとかけらもないアベ総理は御免こうむりたいですね!